お気をつけ下さい!・・・コロナウィルスに便乗商法

国民生活センターより


新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。
その中から、新型コロナウイルスを口実に「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている」「排水管が新型コロナウイルスで汚染されている」等、電話やSMSで根拠のない説明を行う悪質な相談事例が全国の消費生活センター等に複数寄せられていますので、被害の未然防止のために紹介します。

相談事例
【事例1】
新型コロナウイルスが水道水に混ざっていると不審な電話がかかってきた。
自宅に突然「新型コロナウイルスが水道水に混ざっている可能性がある。混ざっていた場合はろ過する必要がある。今からウイルスが混ざっているか調査に行くので、お宅の場所を教えてほしい」と電話があった。
話し方がとても威圧的で怖かった。もし本当だとしたら市の水道局から通知があるはずだ。おかしいと思ったので、自宅の場所は教えずはっきりと断った。その後訪問もされていないし、電話もかかって来ないが、同様の被害の未然防止のため情報提供したい。

(受付年月:2020年3月 契約当事者:北関東地方 70歳代女性)